転職・就職に向けて、仕事やキャリア、転職の悩みを専門家がアドバイス!

令和時代のキャリア

労働法

労災保険はアルバイトやパートにも適用されますか?

更新日:

才蔵
アルバイトやパートが仕事中にケガを負った時は労災保険(労働者災害補償保険)の対象となりますか?

 

意外と誤解が多いのですが、アルバイトやパートであっても、業務中に起きたケガは労災保険の対象になります。

労働者の中にはアルバイトやパートは被保険者ではないから保険の対象にならないと信じている人がいますが、労災保険には雇用保険や厚生年金のような被保険者というものがありません。

 

アルバイトやパートだけでなく、外国人であっても労災保険の対象になります。

労災保険(労働者災害補償保険)とは

労災保険は、労働者災害補償保険法という法律に基づき、業務中に起きた災害や通勤中に起きた災害について、労働者や遺族に保険給付を行います。

労災保険は、事業所を対象に加入するものであって、雇用保険のように労働者が被保険者として加入するものではありません。

事業所単位で保険に加入するので、そこで働く労働者であれば労災保険の対象になります。

たとえ働き始めてから10分後にケガをした場合でも、業務が原因のケガや病気であれば対象となります。

 

業務中の事故が原因のケガは労災保険で保障されるため、健康保険の対象外になります。

労災保険の対象にならない病気やケガが健康保険の対象ということです。

才蔵
業務・通勤が原因のケガ・病気 → 労災保険

業務・通勤以外が原因のケガ・病気 → 健康保険

 

業務中の事故は、労働基準監督署に報告するルールとなっており、報告をしなければ「労災隠し」となり、会社の犯罪となります。

手続きが面倒とか、親会社に迷惑をかけたくないとか、労災保険に未加入といった理由で労災隠しが行われています。

 

スポンサーリンク




労災保険はアルバイトにも適用される

先日、アルバイトで働いているという人と話す機会がありました。

その人はアルバイトだから、仕事中にケガをしても保険が適用されないので、ちゃんと就職したいと言っており、その人は将来のキャリアについて悩んでいるようでした。

確かにアルバイトより正規社員のほうが、給与・賞与といった賃金面でも、社会保障といった待遇面でも有利になっているのが一般的です。

ただ、業務の遂行途中に起こったケガについては、アルバイトやパートといった雇用形態に関係なく保障されるというのが労災保険です。

 

才蔵
法律になんて興味ないかもしれませんが、法律を知っていることで自分の身を守ることがありますから、概要だけでも知っておくといいでしょう

 

労災保険法(労働者災害補償保険法)は、労働者の業務上の災害について、事業主の責任を担保することを目的として制定されました。

労働者が仕事中にケガをしたり死亡してしまうと、労働者や遺族は生活していけなくなってしまいます。

そのため業務遂行中の事故について使用者は労働者の収入を補償しなければならないと労働基準法で決められています。

 

労働基準法は、労働条件の最低基準を定めた法律です。

労働者は使用者と比べて経済的に弱い立場なので、労働基準法で労働条件に最低基準を設けて労働者を保護しているわけです。

 

ケガをしたり死亡した場合に、使用者は労働者に補償しなければならないと決められていますが、使用者にお金がなければ補償されない可能性があります。

そのため、労災保険法では保険の原理を利用して使用者から保険料を徴収して、保険事故があった人に給付することになっています。

災害補償責任は、業務中の事故について無過失責任をとっています。

無過失責任とは、会社に故意(わざと)・過失(うっかり)がなくても賠償責任を負うというものです。

 

労災保険の給付には、障害補償や療養補償といったものがあり、災害の程度に応じて一時金や年金で支給されます。

労災保険の適用により、療養や年金が受けられ、障害の場合は本人に年金や一時金が、死亡の場合は遺族に年金や一時金が支給されます。

 

何度も言いますが、労災保険法には雇用保険法や健康保険法のように被保険者といった概念がそもそもなく、事業所単位で労災保険法が適用されます。

また、外国籍の人であっても、事業所が労災保険法の適用事業所であれば補償されます。

 

あるアルバイトの人が、会社の上司にアルバイトはダメと言われたそうです。

知識不足によるものなのか、労災隠しを目的とするのか不明ですが、そんなことはありません。

 

結論:アルバイトも労災保険の対象

 

スポンサーリンク




法律は知らないと損するようになっている

労災保険法も最初は通勤災害はなかったそうです。

やがて業務災害だけでなく、通勤災害、二次健康診断、社会復帰の促進も図られるようになりました。

 

業務中のケガや病気が労災保険の対象となることは広く知られていますが、通勤災害も労災の対象になることを知らない人は多いです。

労災保険法は労働者に身近な法律の一つですが、内容については案外知られていません。

 

詳しい給付内容や法律について知る必要はありませんが、基本的なことを知っておくだけで自分の身を守ることにつながります。







-労働法
-,

Copyright© 令和時代のキャリア , 2021 All Rights Reserved.