転職・就職に向けて、仕事やキャリア、転職の悩みを専門家がアドバイス!

令和時代のキャリア

転職・就職

自分の就きたい仕事への転職・就職

更新日:

子供の頃は漠然と描いていた夢は、高校、大学と進学するにつれて現実的なものになっていきます。

私が子供の頃は、スポーツ選手や宇宙飛行士、俳優に漫画家といった職業が将来の夢として人気でしたが、大学生になっても子供の頃と同じ夢を抱いている同級生は、まあいません。

 

スポーツ選手や宇宙飛行士といった仕事に就ける人はごく一部の人だけですし、途中で興味をなくすことだってあります。

スポーツの才能のない大学生が、スポーツ選手になりたいなどと夢を持っていたら、それは現実を見つめることができてないので逆に心配です。

自分の就きたい仕事へのきっかけは人それぞれ

多くの人は、中学、高校進学をきっかけに、自分の進路について向き合い始めます。

子供の頃の夢とは似ても似つかない進路を選択するのは、判断力や現状を分析した結果、実現しやすいものを目指すからですが、これはむしろ成長の証といえます。

 

これには本人だけではなく、親の意向や周りの同級生に影響されることもあります。

親に勧められたから公務員になった、同級生に触発されて将来目指す仕事が決まった、といったことはよくあります。

 

様々な経験をきっかけにして、将来の夢や希望の進路を持つに至った人がいます。

大学生の頃に旅をしたのがきっかけで旅行好きになり、旅行会社に就職した人がいます。

入院したときにやさしくされたことで、医師や看護師に憧れをもって学校に入学した人もいます。

テレビドラマがきっかけで法律について興味を持ち、弁護士や行政書士を目指している人もいます。

 

弁護士や医師になるには相当の努力が必要ですが、何も法律関係の仕事は弁護士だけではありませんし、病気で弱っている人を助けるのは医師だけではありません。

看護師や介護士、行政書士ならなれるかもしれない……そう思って目指す仕事を変更することも現実と向き合うことといえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク




なぜその仕事に就きたいのかを考えてみる

希望する仕事に転職・就職するためには、自分の能力や好きなこと、得意なことを整理してみることも大切です。

他人の役に立つことが好きな人で医療関係の仕事を選択する人はたくさんいます。

ところが医師を目指す場合は、大学の医学部を6年通わなければならず、学費も何千万円にもなります。

また、大学に入学するための勉強も相当頑張らなければなりません。

ある程度お金がある家庭に生まれた人でなければ、医師を簡単に目指せないのが現実かもしれません。しかし、何も医療関係の仕事は医師だけではありません。

自分の経済状況や学力で判断した結果、医師を目指すのが難しい場合は、看護師や介護士にシフトすることも必要です。

看護師も介護士も、いずれも人の役に立つ仕事であることは同じです。

というより、どの仕事でも経済活動を通じて人の役に立っていますね。

 

自分の能力が、今はたいしたことないと思っても、それはあくまでも現状のことなので、これからの努力次第で将来を変えることはできます。

ほとんどの人は、社会人になってから勉強はしないそうです。

自己啓発に有効といわれている読書についても多くの人はしないようなので、自分の将来に向かって努力している人はそれだけですごいことなのです。

仮に1日1時間を自分の将来のために勉強、読書したとすれば、1年間では365時間、2年間なら700時間にもなります。

難関といわれる行政書士に合格するために必要な時間は600時間といわれているので、700時間というのは結構な時間といえます。

毎日何もしない人と、将来のためにコツコツと努力した人とでは大きな開きが生まれます。

 

自分の希望するキャリア設計には、やはり多少の努力は必要です。

 

学歴と資格を取るための努力

自分の希望する仕事に就くには、学歴や資格が必要になることも多いかもしれません。

 

求人には、大卒以上、高卒以上などのように一定以上の学歴が必要なものもあります。

 

資格を取得するための受験には、学歴が必要のものもあります。

医師であれば医学部に6年通い、国家試験に受からなければなりません。

看護師であれば、看護学校や専門学校に通う必要があります。

税理士や社会保険労務士も、受験するには大学などで一定以上の単位が必要の場合もあります。

 

資格を必要とする求人募集も多いです。

弁護士、行政書士、司法書士、社会保険労務士といった士業では、何年、何十年その事務所で働いても資格がなければ独立できません。

弁護士は、受験するのに学歴は必要ありませんが、合格までに資格予備校に行って毎日10時間以上勉強する努力が必要です。司法試験に合格するには、大学を卒業する以上の労力が要ります。

他の士業であっても、合格までに数百時間、数千時間の勉強が必要です。

 

人気の資格に、宅地建物取引士という不動産関連の資格があります。

この資格がなくても不動産会社で働くことはできますが、重要事項説明はこの資格がないとできないので、一人前になるためには必要な資格です。

 

仕事をする上で必須となる資格がない場合でも、資格があることによって就職・転職活動で評価されることもあります。

税理士事務所や事務員として働くのに資格は不要ですが、簿記の資格がないと求人に応募すらできないことは多いです。

 

自分の希望する仕事に就くためには、どのような学歴、資格が必要なのかを知っておく必要があります。

 

ただ、今は資格よりも経験を重視するケースの方が増えています。

とはいえ、実務経験がない場合は資格が武器になります。

 

スポンサーリンク




転職・就職を成功させるには書類でアピールが必要

就職するために避けては通れないのが企業との面接です。

面接の前に書類審査があることも一般的です。

いくら能力や輝かしい資格があっても、書類審査や面接に受からなければ就職・転職は成功しません。

 

まず第一段階は、応募書類に力を入れてアピールしてみることです。

実績が申し分ない人はまだしも、未経験の人はそれだけで不利になります。

多くの企業ではやる気を重視していることが多いので、未経験の人はやる気が感じられるような表現が必要です。

未経験の人は次のことに注意して書類を書くことです。

1.やる気

2.協調性や誠実な人柄

3.関係する資格

 

 

必要書類が履歴書のみとされていても、職務経歴書や添え状を一緒に送るとよい印象を残せます。

 

1.履歴書

写真、氏名、住所、学歴、職歴、資格を記載した書類。応募動機は重要です。

 

2.職務経歴書

職務内容についての詳細な書類です。今までの経験をアピールできます。

 

3.添え状

挨拶状です。自分の長所をアピールする人もいます。

 







-転職・就職
-,

Copyright© 令和時代のキャリア , 2021 All Rights Reserved.