転職・就職に向けて、仕事やキャリア、転職の悩みを専門家がアドバイス!

令和時代のキャリア

資格

雇用保険の教育訓練給付を活用して人気の資格をゲットしよう

投稿日:

転職・就職に役立てるために資格を取りたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

資格の取得は、転職・就職活動で有利になるだけでなく、資格手当が付いたり、実生活で役に立つこともあるなどメリットはたくさんあります。

努力して資格を取得とったという事実が自分に対する自信につながることもあります。

目標がないと感じてる人は資格の取得を目指すことで、充実した日々を送れるようになるかもしれません。

 

ただ、資格の取得には時間だけでなく、費用が掛かるのが難点といえば難点です。

ところが資格の講座の中には、雇用保険の教育訓練給付の対象になるものもあります。

 

教育訓練給付制度とは、資格の学校や通信講座を受講した場合に、学校に支払った費用(授業料・入学金など)の一部を支給するという制度です。

 

人気の資格ランキング

人気の資格といっても、アンケートを公表している実施団体でランキングの内容が違います。

しかし、概ね以下のようなランキングになっているのではないかと思います。

 

人気資格ランキング

1.日商簿記2級

2.ファイナンシャルプランナー(2級)

3.医療事務

4.宅地建物取引士

5.社会保険労務士

このほか、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、TOEIC、秘書検定、基礎情報技術者、英語検定、介護職員初任者研修といったものが人気です。

 

なぜ公表している団体でランキングが違うかというと、公表している団体が資格学校であったり、転職サイトだったりするからです。

資格学校で扱っていない資格は、ランキングに入らないですし、経済系の団体なら経済やビジネス資格が人気の上位になります。

また、女性が書いた記事だと女性に人気の資格が上位になったり、男性であったらその逆になったりします。

 

資格ランキングは、結構いい加減なところもあるので、参考程度にとどめておけばよいと思います。

 

自分の興味あること、自分の未来に必要と感じた資格、キャリアアップに効果ある資格、といったことを参考に選択するのがポイントです。

 

スポンサーリンク




教育訓練給付金制度

教育訓練給付金を受けるには、雇用保険の被保険者(一般被保険者・高年齢被保険者)である必要があります。

 

教育訓練給付金は、厚生労働大臣が指定している教育訓練を受け、その教育訓練を修了した場合に受講料の20%(上限10万円)が支給されます。

 

教育訓練給付金は、雇用保険の制度なのですが、雇用保険は法律なので支給要件がきっちりとあります。

 

まず、教育訓練を開始した日(基準日といいます)において雇用保険の被保険者又は高年齢被保険者である必要があります。

 

また、教育訓練給付金を受けるには、基準日に支給要件期間が3年以上必要です。

ただし、今までに教育訓練給付を受けたことがない人は、支給要件期間が1年に短縮されます。

支給要件期間は、被保険者の期間と言い換えると分かりやすいかもしれません。

 

仮に基準日に被保険者や高年齢被保険者でなかった場合でも、被保険者や高年齢被保険者でなくなってから1年以内であれば対象になります。

 

以上が「一般教育訓練」になります。

 

 

そして、教育訓練給付金には「専門実践教育訓練」というものもあります。

専門教育実践訓練は、看護師や美容師、介護福祉士といった資格の取得を訓練目標としているもの、大学院などが対象になる制度です。

厚生労働省 専門実践教育訓練

 

専門実践教育訓練の要件を満たした場合は、教育訓練施設に支払った教育訓練経費が最大で70%(最長3年間の訓練期間で上限額は168万円)戻ってくる制度です。

 

ただし、教育訓練の額として算定された額が、4,000円を超えないときは支給されないとされています。

4,000円÷0.2=20,000円

 

 

教育訓練給付金を受ける人は、申請期限までに支給申請手続きが必要です。

一般教育訓練は、教育訓練を修了した日の翌日から起算して1か月以内に申請が必要です。

 

一般教育訓練の支給要件のまとめ

1.基準日(教育訓練開始日)に被保険者である

2.被保険者出ない場合は、被保険者でなくなってから1年以内である

 

3.支給要件期間(被保険者であった期間)が3年以上

4.今まで教育訓練制度を利用したことがない人は1年以上

 

1か2のどちらかを満たし、3か4のどちらかに該当した場合に対象になります。

 

支給額は、教育訓練受講料の20%です。ただし、10万円の上限があります。

 

教育訓練給付金で資格を取ろうのまとめ

資格の講座といっても、教育訓練給付金の対象になっていないものもあります。

簿記検定、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士といった人気資格が、教育訓練給付金の対象になっている講座を探してみたらあったので紹介しておきます。

 

 

通信教育のフォーサイト

フォーサイトは資格取得のための学校としてはトップクラスになります 

通信教育専門校として、受講生は累計で23万人を突破。

国家資格を中心に難関対策を専門にしているので、合格率も高水準を実現しています。

●「通信で本物の教育を」という考えから、教材に徹底的にこだわっています。

●テキストはフルカラーでわかりやすいと好評です。

●理解を深めるための専任講師による講義を、DVDで提供しています。

●eラーニングも利用可能。講義動画を含めすべての教材をパソコンやスマートフォンで利用できます。

●一部の講座では「全額返金保証制度」(返金には条件があります)もご用意しています。

 

 

医療事務の講座はこちら「ニチイの医療事務の講座

 

 

一般教育訓練給付金のまとめ

1.基準日に被保険者であること(被保険者でなくなってから1年以内であること)

2.被保険者であった期間が3年以上あること(過去に教育訓練給付金を受けたことがない人は1年以上)

3.教育訓練給付金は講座費用の20%がしきゅうされる(上限10万円まで)

4.教育訓練の支給を受けるには、教育訓練を修了した日の翌日から1か月以内に申請が必要







-資格
-,

Copyright© 令和時代のキャリア , 2021 All Rights Reserved.